共同研究・受託研究

ホーム > 共同研究・受託研究・寄付金 > 共同研究・・・その前にノウハウ(技術)指導相談

共同研究・・・その前にノウハウ(技術)指導相談

 共同研究という言葉が一般的に使われていますが、厳密な定義で言えば共同研究とは、共同で研究を行う研究者にとっても不明確な事象の解明を対象とします。  
 これに対し、研究者にとって過去の経験や知見から事象の解明(課題の解決)がある程度見込める場合は、ノウハウ指導あるいは技術指導にて対応する事が、研究実施のために必要となる装置、時間の節約となります。  

 これまで、岡山大学では多くの共同研究を実施しておりますが、それらの内の幾つかはノウハウ(技術)指導的な内容であると類推しています。  
 従いまして、簡便な手続であり、費用節約も期待できますノウハウ(技術)指導についても、ご検討頂ければと思います。  

 詳しくは知的財産本部、知財プロデューサーへお問い合わせ下さい。
知財プロデューサー(平野、渡邊)
TEL 086-251-8476